積み木・木のおもちゃなどの童具を紹介する、和久洋三の童具館

童具館トップ > 童具ってなに? > 積み木の魅力 1/2

積み木の魅力 1/2

積み木で育つ「まとめ」と「応用」

 積木は百五十年以上も前にドイツの教育思想家フリードリッヒ・フレーベルによって考案されました。幾何的な形がいろいろなイメージをかき立て、豊かな造形遊びが楽しめます。フレーベルの考案した積木をはじめとした遊具には、子どもの成長を助けるいくつもの深い配慮がされており、私のつくる童具の根底には彼の思想が色濃く根づいています。

数学の基礎が身につきます

 数学とは、形、量(数)がつくりだす「秩序」の世界です。
 小学校に入学して、つまづきやすい教科が算数です。それは、算数が数字と紙面(平面)で表現された抽象性の高い教科だからです。はじめて出合う教科が抽象に片より過ぎると、わかりにくくなるのは当然のこと。しかし、幼い時から積木遊びをすることで、抽象的なものを具体的な形や、量(数)によってイメージすることができるようになります。そして、論理的に物事を考える力が育っていきます。

(和久洋三著/『おもちゃの選び方・与え方』より抜粋)

<積み木の魅力>の関連ページです

童具館へのご連絡は
電話 03-3744-0909 / FAX 03-3744-0988 / Eメール mail@dougukan.com
(対応時間10:00〜18:00/FAX,メールは24時間受付・対応時間外は翌営業日以降の返信)