童具館トップ > カタログ・資料請求 > 童具環境お写真募集

我が家の、我が園の、童具環境お写真募集!

子ども達が童具で遊びやすい環境についてまとめた『童具共育 2017年春号』の発行にあわせ、ご家庭・幼稚園・保育園で童具を収納・配置している様子を収めたお写真を募集させていただきました。おかげ様で全国からたくさんのご応募をいただき、我々スタッフも「なるほど!」と驚くような素敵なお写真が揃いました。誠にありがとうございます。
童具をたくさん揃えて下さっている方も、最近ご購入下さった方も、ぜひ本ホームページに掲載いたしましたお写真を参考に、楽しい童具遊びをお子様と堪能してください。

背板のないオーダーメイド棚で積み木が取り出しやすい

背板のないオーダーメイド棚で積み木が取り出しやすい

素晴らしい童具館の積み木ですが、狭いマンションという住宅事情で、大きく重い積み木をどのように配置しようか、私も当初悩みました。
悪戯盛りの息子(当時1歳)は、棚に載せれば箱ごと落として危ないですし、地震などの安全対策から最初は床に直接置いておりました。すると、大人が下にあるのに気が付かず、積み木の箱の角に足をぶつけて痛い思いをしてしまうことがあり、あと埃もたまるため、置き場所に困りました。
積み木は、子どもだけでなく大人も普段目に付くところにないと、なかなか手に取らないものかと存じます。我が家は、子ども部屋がなくてリビングの一角に遊び空間を設けているので、目に付くところに配置するには棚が必要でした。
棚はキューブボックスで背板のないもの、積み木に合う木製を考えていましたが、市販されていないので、ヒノキ材でオーダーメイドしました。高さも小さな子どもが立って作品を載せるのに丁度良い、40cmにしました。
この棚は、遊び空間の真ん中に置いても邪魔にならないし、背板がないので前からも後ろからも自由に積み木が取れます。
椅子を持ってきて、おままごとやお店やさんごっこ、運転手ごっこしたりする台にもなり、遊びが広がりました。 その後購入したくむくむは、まだ2歳なので簡単なペグさし遊びはしますが、親が作ってあげることが多いので、簡単に移動出来るワゴンに載せることにしました。

成長に合わせて配置も変化

息子の遊びもこの数ヶ月で変化して、ごっこ遊びが盛んになってきたので、遊びの空間の配置がだいぶ変わってきています。
おままごとやお店屋さんごっこ、運転手さんごっこをするときは、本人が周囲を囲いたがるので、オープン棚で囲って扉を付けて、ごっこ遊び用に空間を作っております。扉は、危なくないように段ボールにリメイクシートを張ったものです。高さも60cmと、子どもは囲われている感じでも大人の目線が届く高さにしています。中には、レジやキッチン、お人形さんのベッドやベビーカー、小さなちゃぶ台が置いてあります。
おままごとは、花はじきやチェーン、童具館の木製ビーズを使用する事が多いです。お店やさんごっこの商品は、ドーナツやパンなど私がフェルトで作ったものを、その日の気分に合わせて並べています。あとは、左側の棚に楽器や指先を使う操作系のもの、モザイク遊び用のホワイトボードが置いてあります。

用途ごとにジョイントマットで空間を仕切る

防音と空間を仕切るため、ジョイントマットの色を変えて、真ん中に積み木の棚を設置しました。
おままごと空間は、アイボリーのジョイントマットです。
積み木の手前のグレーのマットは、積み木遊びや、木製レール、ミニカーを広げて遊ぶ場所になっております。いったん広げるといつのまにか町や工事現場が出来ているので、この空間は片付けずに、何日もそのままになっている事が多いです。
写真にはないですが、隣に緑のジョイントマットが引いてあり、そこは机上で遊ぶようにローテーブルと工作やお絵描きをする道具、絵本や図鑑、パズルなどが置いてあります。

我が家は、このように空間をジョイントマットで色別に分けて、
毎日片付けなくて良い、積み木や木製レール、ミニカーなどの遊びをする構成遊びの空間、
ごっこ遊びをする空間、
机上遊びをする空間
とリビングを仕切っております。

子どもの成長と興味に合わせて、空間や置くものを考えているところです。


プロフィール: T 様(2歳、男の子)
お持ちの童具: WAKU-BLOCK45シリーズくむくむ6色ビーズワールドピースなど
取り出しやすさを優先した配置で遊びやすさが向上
取り出しやすさを優先した配置で遊びやすさが向上

初めての童具購入は長男が2歳半の頃。<積木のいろは>を清水の舞台から飛び降りる思いで購入しました。
それからしばらくの間はあまり積み木に興味を持たないままでしたが、3歳を越え、4歳に近づくにつれ、いきなり積み木と親しむようになってきました。それをきっかけに、あれよあれよという間に増えていき、今月<かずの木>がまた追加となる予定です。

以前は童具と別の会社のおもちゃが混ざって、左右の壁に分かれている状態でした。やはり、遊びも分断されてしまっていたように思います。
基尺が同じという童具の唯一無二のメリットを活かし、積み木とモザイクなど組み合わせて遊んでほしく、童具は童具のみで固めて配置するようにしました。
積み木は箱を動かさなくても取れるということを意識しています。特に<WAKU-BLOCK>は大人でも腰にくると感じるほど重いです。ぐうたらな私ですから、動かさないと…と思うと苦痛で積み木から手が遠のいてしまいます。まして、子どもなら尚更です。
私はまだまだできていないですが、大人が積み木に向き合う回数が、子どもの積み木好きを左右するとは認識しています。
ですから、ぐうたらな自分が楽できるかどうかという視点で配置していますが、それは子どものためにもなっていると思っています。

以前の配置では、箱を動かさなくてもすぐ手に取れるように積み木を置いていたつもりでしたが、息子が手にとるのは、<くむくむ>、<クムンダ>、そして積み木の中では<WAKU-BLOCK45・H5>の変形ばかりでした。
そこで、<くむくむ>、<クムンダ>の位置に、直方体、立方体を持ってきて、<くむくむ>、<クムンダ>、長板は比較的軽いということもあり、カラーボックスの各引き出しに入れました。その結果、今では満遍なく取って遊んでいるように感じます。

その他には、見本を見ると作りたい!という意欲が湧くようなので、童具共育やカタログなどをマガジンファイルに入れ、いつでも見れるように置いてあります。

赤ちゃんのいる生活

次男が生まれ、今度は0歳から童具でたっぷり遊んでいく予定です。<ケルンボール>をメリー代わりにくるくると回すととても喜んでいて、まさに0か月から遊べるおもちゃだと感動しています。「ひらいたひらいた」の歌、ボールの擬人化など、和久館長に教えていただいた遊び方をするととても反応があり嬉しいです。
その様子を見ていた、長男も同じように次男にしてくれています。赤ちゃんの童具は、長男にとっても新しいおもちゃ。長男も親しめるように、赤ちゃんの童具もほかの童具と一緒の場所に置いています。
基尺が同じというメリットを活かして、いつか自ら積み木と混ぜて遊べることに気付いてくれるのを期待しています。

今後増えるであろう童具は、絵本を移動させてその場所へと考えています。次男が動き回るようになったときにどうするかまた悩みますが、できる限り童具を一か所に固めて置くこと、親子ともども楽に使えることを意識していきたいと思います。


プロフィール: mi & ayu's mom 様(4歳・0歳3か月、2人)
お持ちの童具: ケルンボールさくらんぼWAKU-BLOCK30・45シリーズくむくむクムンダプレイカーペットケルンモザイクマグネットモザイクプレイボックス、プレイボード、ピンボード6色ビーズワールドピース人形セットなど
お父さんの手づくり!引き出し式収納で積み木の出し入れがスムーズに

お父さんの手づくり!引き出し式収納で積み木の出し入れがスムーズに

積み木が入っている部分は子どもでも簡単に出し入れができる様に金具を取り付けスムーズに棚が引き出せる様になってます。この収納棚のお陰でうちの子は1人で積み木の出し入れができる様になり、積み木遊びの時間が増えました。


プロフィール: りゅうぽん 様(5歳、1人)
お持ちの童具: WAKU-BLOCK30・45シリーズかずの木ケルンモザイクパターンボードなど
お子様の身長に合わせた棚でよく遊ぶように
お子様の身長に合わせた棚でよく遊ぶように

リビングに置かないと遊ばなくなってしまうので、今まで置いてあった家具を移動して、積み木用に模様替えしました。積み木を取りやすいように、低い棚の上に並べて置いています。すぐに手に取れるので、積み木で遊ぶ頻度が高くなりました。


プロフィール: いし 様(5才・2才9ヶ月、2人)
お持ちの童具: 積木のいろは、WAKU-BLOCK45 G100、ケルンブロックくむくむ、クリスマス限定ツートン、プレイカーペットワールドピースなど
収納箱を動かさずに取り出せる!積み木に合わせた手づくり棚
収納箱を動かさずに取り出せる!積み木に合わせた手づくり棚

我が家の収納のポイントは棚です。
この棚のコンセプトは、積み木遊びをする際に積み木の収納箱を動かすことなく遊び場を確保できるよう、最小スペースで収納できるようにと考えてこの棚を自作しました。
この棚が出来る前までは2列で重ねて収納していたので、積み木遊びをするたびに重い収納箱を持ち上げて、広がった収納箱と積み上げている積み木のスペースをどう確保しようとかと考えて、遊ぶたびにジレンマに陥っていたのですが、すっきり解消できました。
そして、収納に余計なお金をかけたくなかったので、安価な角材を使ってシンプルな構造で作ったのもポイントです。
棚自体の強度は低いですが、重い積み木が重しになってほぼ収納箱を動かすことがないので、倒れることなどはないです。

この写真は、寝ない娘がめずらしく早く寝て、予定外で何しようかわからなくなった時にこの企画のことを思い出して、夜中までかかって片付けて撮った奇跡の1枚です。
こんな原状回復できるのは七夕よりは多いですがいつもではないです(笑)


プロフィール: 甲斐由紀子 様(年長、女の子)
お持ちの童具: カラーボールママボールWAKU-BLOCK30・45シリーズプレイカーペットケルンモザイクパターンボード6色ビーズプレイボックス、プレイボードなど
子どもたちの成長に合わせて模様替え ~童具共育に掲載のレイアウトから変更~
子どもたちの成長に合わせて模様替え ~童具共育に掲載のレイアウトから変更~

童具共育2017年春号に投稿させて頂きましたが、その後積み木の引っ越しをしました。
子どもたち3人が成長するにつれ、以前のスペースでは手狭になり、思うように遊べないと感じたからです。
リビングに思い切って出したのですが、いつも家族がいる場所に積み木があることによって、より積み木との関わりが深くなったように思います。

(上段・左から)
・1枚目/マットと畳の上ならどこまで使ってもOK
・2枚目/スペースを広げるために、箱の中に収納していますが、収納すると、やはり目に入りにくく、出して遊ぶということはなかなかしません。
・3枚目/出しても、混ぜて使うのが好きなので、分けて収納する必要もないのでは??と感じています。
・4枚目/絵も飾ってあります。
・5枚目/黒板仕様にしているため、壁一面に絵を描くことができます。
(下段)
・6、7枚目:本を見ながら作ったりもしています。


プロフィール: M 様(6歳・5歳・3歳、3人)
お持ちの童具: カラーボール積木のいろはくむくむクムンダかずの木プレイカーペットケルンモザイクマグネットモザイクマグネットボードマグネットボードホルダーわくわくトレイ6色ビーズピンボード、額縁40など
全ての童具が見渡せる棚置き収納

すべての童具が見渡せる棚置き収納

赤ちゃん童具から遊んでおり、1歳頃より少しずつ積み木を用意し、小さい頃は平置きで沢山遊びました。

長男の小学校入学を機に室内環境を見直し、童具も棚置きにしました。
棚置きにしたことで童具に手がのびなくなるのではと心配しましたが、小さい頃から日常に童具があるおかげか、特に変わることなく遊び続けてくれています。


プロフィール: なかの 様(7歳(小学2年生)・4歳(年中)、2人)
お持ちの童具: ケルンボールじゃんたんくペアリング積木のいろはケルンブロックかずの木プレイカーペットケルンモザイクキューブダンシングカッティングプレイボックスなど
引き出しを活用したマグネットモザイクの収納
引き出しを活用したマグネットモザイクの収納

<マグネットモザイク>の収納は引き出しを利用し、大まかに形で分類しラベルを付けています。(形によっては2~3種類まとめているものもあります)
小さい頃はなんでも混ぜて遊ぶのが好きだったので、<モザイクボックス>にモザイクや<ビーズ>、<カラー輪ゴム>など色々なものを混ぜていました。大きくなった今では、分類されている方が欲しい形がすぐわかるので遊びやすいようです。違う形が混ざっていると分類し直しています。
赤ちゃんの頃から童具にお世話になっている子どもたち2人も小学生になり、自分たちで積み木の箱が運べるようになったので<キャスター>に積み重ねて収納し、<キャスター>ごと好きなところへ運んで積み木を広げています。子どもたち自身が<キャスター>に乗って廊下を走っていることもしばしば…。
ボール類は遊びに必須。童具館のもの以外にも、スーパーボールやビー玉、パチンコ玉などもあります。外遊びで拾ってきた戦利品もたくさんあります。

(上段・左から)
・1枚目/2つある<キャスター>の内、1つは<WAKU-BLOCK45>(積み木のいろは、G100など)、もう1つは<くむくむ><クムンダ>を重ねています。
・2枚目/引き出しの奥行きが<プレイボードM>にぴったり収まるサイズなので、遊ぶときは引き出しをボードの上に並べています。
・3枚目/モザイクは形ごとに引き出しに収納。
・4枚目/<モザイクボックス>は<ベビーボール>や<ママボール>など大きめのボールを入れるものと、小さい<ビーズ>をいれるものとでざっくりと分けています。その他、よく遊ぶパチンコ玉やビー玉、スーパーボールも近くに置いています。
・5枚目/直方体と<かずの木>でボーリング遊び。<カラーボール>でピンを倒します。
(下段)
・長板(WAKU-BLOCK45 G100)を使って階段状のカフェをつくりました。


プロフィール: Y 様(11歳・8歳、2人)
お持ちの童具: ベビーボールカラーボールママボール積木のいろはくむくむクムンダかずの木、クリスマス限定ツートン、プレイカーペットケルンモザイクマグネットモザイクパターンボードボードイーゼル6色ビーズピンボード人形セットなど
よく使う童具は取り出しやすい中央に配置

よく使う童具は取り出しやすい中央に配置

子どもたちが乳幼児の間は、収納箱は重ねずに並べたり、<プレイボード>の上でモザイクなどが出来るように配置したりしてきました。
今は小学生と中学生になったので、棚の中に納めて使いたいときに使いたいものを出してくる形です。 モザイク、くむくむの棒は、まとめて<プレイボックス>に収納。<ビーズ>はバラバラになり大変なので、<かずの木>のビーズ以外は果実酒を作るときの保存瓶に入れています。

ここ数年、<かずの木>を使うことが多いので中央に置いています。
算数の宿題がわからない時に出してきて計算したり、長さ高さを対称にした作品を作ったりもしますし、夕ごはん後にすごろくとして家族みんなで楽しんだりもしています。すごろくは、年齢が上がるごとに足し算かけ算を使うルールになったり、立体に作り上げた作品を升目に使ったりと自分たちで作ったゲームとして飽きることなく続いています。


プロフィール: H 様
お持ちの童具: さくらんぼたまゆらたまっこ積木のいろはケルンブロックくむくむかずの木プレイボックス、プレイボード、わくわくトレイケルンモザイク6色ビーズ人形セットなど
~ 積み木のハーモニー ~

~ 積み木のハーモニー ~

旧中学校を改造した児童館です。音楽室を活かした収納・童具共育を楽しんでいます。
音楽室だったこの教室は、この地域にはない美術館のような文化的な空間にしたいと考えてレイアウトしました。
ピアノやギターなどの楽器もあり、童具も棚を利用して収納しています。
棚のある場所は低めの舞台となっており、舞台を利用して、ビーズ転がしをしたり、舞台の上から全体を眺めたり、効果的に使っています。


プロフィール: 蒲江児童館 様
お持ちの童具: ケルンボールじゃんママボールたんくにりんWAKU-BLOCK45シリーズかずの木プレイカーペットケルンモザイクマグネットモザイクパターンボードマグネットボードわくわくミラー、フィットインカウントイン、人形セット遊びの創造共育法など
子どもたち自身で使いたい積み木を運んで遊ぶ!

子どもたち自身で使いたい積み木を運んで遊ぶ!

学校を間借りしてのクラブ活動。放課後のいこいの時間…集中したひとときです。
子ども達がすぐに手に取れるように<WAKU-BLOCK>や<ドールハウス>など平置きに置いています。子ども達は自分が遊びたいものをカーペットの上に持っていき、自由に積み木遊びをしています。


プロフィール: マンボーちゃん
お持ちの童具: WAKU-BLOCK45シリーズクムンダかずの木プレイボックス、ドールハウス、わくわくトレイ人形セットなど
積み木60箱以上!遊びやすさ・片付けやすさを追求した収納

積み木60箱以上!遊びやすさ・片付けやすさを追求した収納

童具共育アドバイザーの資格を持ち、ご自宅で定期的にワークショップを開催している青木様。「小さい子のためのワークショップ」では積み木40箱、「たくさんの積木ワークショップ」では60箱を使って活動されています。
個別で積み木を買い足して収納箱に納めることで、使いやすい・片付けやすい収納が実現しています。

(上段・左から)
・1枚目/積み木は、1箱の中で縦列は同じ積み木を重ねるようにしています。3倍体・3倍体・2倍体の縦1列収納が最後のお片付けで皆さま分かりやすいようです。
・2枚目/<クムンダ>に入っている、<くむくむ>と共通のパーツは、他の<くむくむ>と共に籠入れにしてしまい、ストレートレールとカーブレールを揃えて収納、手前に小物パーツを収納しました。<くむくむ>のジョイント棒は別籠に収納しています。
正三角柱はタイヤ仕様の需要が高いので、それは別にマスキングテープで留めて常時5コのタイヤになっています。(写真右上)
・3枚目/<おどろ木>の角柱は、<わくわくトレイ>に6本ずつ重ねて収納していて、他のパーツはカタチが揃うように入れられるように個別に買い足しています。
<おどろ木>の左隣は、<おどろ木>に入れると埋まって楽しそう!な30シリーズをアラカルトで注文し、Small-Box30の収納箱に入れてあります。
・4枚目/<ケルンモザイク>は円シリーズ・四角シリーズ・六角シリーズで籠に分けて入れています。
・5枚目/円柱、半円柱×2種、円柱内包体、小角柱2倍体、1/2直角二等辺三角形、正方板はそんなに量がいらないのでSmall-Boxに収納。
(下段・左から)
・6枚目/小角柱、1/4直角二等辺三角形、正三角柱はさらに量が要らないので、<わくわくトレイ>に収納。<ケルンブロック>8種は、<パターンケース(5×5)>に2箱に重ねて収納しています。
・7~9枚目/マスキングテープで固定した正三角柱を使って、SL・バス・タイヤケーキ…と大活躍!
・10枚目/積み木を存分に使って、素敵なお家の完成!


プロフィール: 青木晴惠 様(童具共育アドバイザー
お持ちの童具: ケルンボールママボールカラーボールWAKU-BLOCK30・45シリーズケルンブロックくむくむクムンダかずの木おどろ木ケルンモザイクプレイカーペットピンボード6色ビーズ・1500個、ケルンスティックワールドピースわくわくミラー人形セットなど

<童具環境お写真募集>の関連ページです

童具館へのご連絡は
電話 03-3744-0909 / FAX 03-3744-0988 / Eメール mail@dougukan.com
(対応時間10:00~18:00/FAX,メールは24時間受付・対応時間外は翌営業日以降の返信)