積み木・木のおもちゃなどの童具を紹介する、和久洋三の童具館

童具館トップ > 創造共育と童具の書籍・映像 > 書籍一覧 > 育つ喜び育てる楽しさ 紹介

トークトゥトーク育つ喜び育てる楽しさ 紹介

それぞれの項目をクリックすると紹介ページへジャンプします
 
 

 
汐見稔幸先生(東京大学名誉教授、白梅学園大学学長)と和久洋三の講演・対談集会を収録した書籍『トーク トゥ トーク 育つ喜び 育てる楽しさ』が刊行されました。
 子どもを取りまく多種多様な問題。育児の環境がかつてないほどめまぐるしい変化を見せている中、お母さん、お父さんはいったいどのように子育てをすればよいのか?
 「子ども」と「遊び」のスペシャリストが、過去と現代の子育てや環境、また自身の境遇・体験を踏まえながら、親と子どもとの関わり方を考察します。
 子育てはひとつチャンネルを変えれば楽しいもの、育児書というより人生を紐解く一冊といえます。
著者紹介

汐見稔幸 (しおみとしゆき)

東京大学名誉教授、白梅学園大学学長。1947年大阪府生まれ。
育児学や保育学を総合的な人間学と考え、また教育学を出産、育児を含んだ人間形成の学として位置づける。保育者たちと臨床育児・保育研究会を立ち上げ、定例の研究会を続ける。また同会発行のユニークな保育雑誌『エデュカーレ』の責任編集者でもある。

おもな著書に『このままでいいのか、超早期教育』(大月書店)、『なんどでもやり直せ!ぼくの体験的子育て論』(ブロンズ新社)など多数。
 

和久洋三 (わくようぞう)

わくわく創造アトリエ代表、童具館館長。1942年東京生まれ。
保育園での保育体験、玉川学園女子短期大学講師等を経て、創造性を開発する童具づくりに専念する。以降、「童具館」や全国の「わくわく創造アトリエ」で新しい創造共育活動を展開するかたわら、幼児教育についての講演・講座活動、美術大学や幼児教育者養成校での指導にあたる。

おもな著書に『子どもの目が輝くとき』、『遊びの創造共育法(全7巻)』、『童具デザイナーのスペイン』(ともに玉川大学出版部)などがある。
 
  ご購入について  
『トークトゥトーク 育つ喜び 育てる楽しさ』は以下の方法でお買い求めいただけます
○童具館(TEL:03-3744-0909/E-mail:mail@dougukan.com
○全国各地の童具取扱店(童具取扱店一覧へ
○玉川大学出版部(玉川大学出版部のホームページへ
○最寄りの書店
○オンライン書店
amazon.co.jpセブン&アイ紀伊国屋BookWebビ−ケーワンイーホンブックサービス
※童具取扱店や書店に本が置いていない場合は店頭にてご注文ください。

<トークトゥトーク 育つ喜び育てる楽しさ 紹介>の関連ページです

童具館へのご連絡は
電話 03-3744-0909 / FAX 03-3744-0988 / Eメール mail@dougukan.com
(対応時間10:00〜18:00/FAX,メールは24時間受付・対応時間外は翌営業日以降の返信)